投資家から事業資金を調達せよ!

〜 VCから出資を獲得プレゼンバトル 〜

グループごとのプレゼンテーションの実施概要

願望を叶えるための…
投資家から資金調達をする本番さながら修練の場!

2020年3月に開催予定だったレベルアップ発表会は、コロナウイルス感染拡大の影響により、完成拡大が収まるまで延期としました。一向に収束しない状況ですが、このまま立ち止まっている訳にはいきません。だってアマターになりたいから!!

約半年の間に、社会情勢や価値観など大きく変化しました。
そこで、皆様には今一度企画をブラッシュアップしていただき、プレゼンに挑戦していただきます。ミッションは「事業資金を調達せよ!」。
出資者(役)は合同会社イーストタイムズ代表のエンジェル投資家(役)の中野宏一氏。熱量・企画・プレゼンすべての力を注ぎ込んで出資を呼び込め!

プレゼンから結果発表まので流れ

コロナ禍という状況を考慮して、人を集めての発表会形式ではなく、グループごとにプレゼンの様子を収録します。(収録はビッグルーフにて実施)
その動画を投資家役の中野宏一氏に見ていただき、後日結果発表をYoutube等の動画サービスを使用し限定公開でオンライン配信します。

プレゼンの持ち時間について

持ち時間は5分とします。時間がきましたら、その時点でストップとなります。
ただし、希望があればプレゼンは2回まで実施可能です。うまくできたと思う方を配信することとします。

プレゼンの場面設定について

プレゼンの目的

グループで考えた企画を実行するにあたって、必要となる資金を募ることを目的としたプレゼンを行ってください。単なる企画の発表会ではないことを念頭においてください。

プレゼンをする相手

グループの企画に対して出資を検討してくれている人が目の前にいるという想定でプレゼンを行ってください。

今回は、合同会社イーストタイムズ代表の中野宏一さんが出資者という想定です(中野さんは収録時には立ち会いません)。中野さんは本業においても、投資を呼び込むためにどのようなPRを行えば効果的に訴求できるか、といったことのコンサルティングを行っている方です。

中野さんが手元資金として持っている金額は1000万円という想定。どのチームにいくら出資するかは、中野さんご自身に投資判断して頂くことになっていますが、以下の項目を考慮していただくと、出資者にとっての魅力が高まると思われます。

  1. 事業が社会や市場の動きを捉えているか。
  2. 事業が顧客がお金を出しても良いと思う価値を提供しているか。
  3. 事業を行う意思と能力があるか。

プレゼン収録日時の決定について

  1. 12月11日(金)18:00〜21:00
  2. 12月12日(土)10:00〜18:00
  3. 12月13日(日)10:00〜18:00

Slack内にて、上記いずれかのうちでチームごとに収録日時の希望を聞き、順次撮影を行います。撮影時間は準備を含め30分程度です。
撮影場所はビッグルーフ滝沢内になります。

プレゼン収録後の流れについて

収録が終わったチームのプレゼンから順次、中野さんにて内容の確認を行っていただく予定です。中野さんより質問事項があった場合は、運営事務局よりSlack内でチーム宛に質問内容を送りますので、Slack上で回答をお願い致します。

最終的には、みなさんのプレゼンと、中野さんのフィードバックを一つの番組としてまとめ上げ、限定公開でオンライン配信にてご案内いたします。(一般公開ではなく、アマタースタディの参加者のみ閲覧できるようにする予定です。)